日本の印鑑制度の始まりとは

日本の印鑑制度の始まりとは

日本では、印鑑により個人を証明する「印鑑制度」があります。個人や法人は、自分が使用する印鑑を役所へと登録しておきます。
重要な取引、決定を行う際には、この印鑑を持って本人である証明をする、というわけです。このような印鑑制度を導入している国は、実は世界でも珍しいのです。

 

日本の印鑑制度の始まりは、明治時代の初期であると言われています。このころから、日本では重要書類に、サインだけでなく実印を求められるようになりました。
初期のころは各自の印影を、各地の有力者の元へと登録していたそうです。その仕事が、現在は地方自治体へと受け継がれているのです。
現在でも、日本では印鑑の存在が非常に重要視されています。はんこを押すことで、自分の意思表示をしていると言えるでしょう。
はんことは「自分を証明し、自分の意思を表示するもの」だと考えると、「少しでも良いものを」という気持ちも強くなるのではないでしょうか。