自ら望んでフリーターに…

自ら望んでフリーターに…

今の若い世代の人は知らないでしょうが、以前はフリーターブームというのがありました。
ちょうどバブルの頃ですね。
今でもフリーターの人はたくさんいます。
それぞれフリーターをしている理由があると思います。
でも、今のフリーターというのは自ら望んでフリーターをしている人はごく少数だと思います。
正社員の仕事がみつからず、やむを得ずフリーターをしている人が大半ではないでしょうか。
それがフリーターブームの頃は全然事情が違いました。
会社に使われるのはまっぴらゴメン。自由に生きたい…
そんな思いから敢えてフリーターの道を選んでいたのです。
そして、それが格好いいなんて思われていたわけです。
どちらが良いかは一概には言えません。
でも、今とは社会状況に格段の違いがありますね。